So-net無料ブログ作成
検索選択

小説のモデルとなった井坂京子さん

小説のモデルとなった井坂京子さんは、高校教師をしながら、
吃音改善の指導もしています。

7歳のさくらちゃんや51歳の山崎さんが、信じられないほど改善した方法です^^

井坂先生の吃音改善指導








小説 吃音センセイ -桜舞う校庭で



この小説は、吃音という障害を抱え、辛いいじめにあいながらも、強く生き抜き、教師となっていった井坂京子さんの実話を元にした心温まる物語です。

ポイント
・4歳の頃、母が生死を彷徨う大病を患い、母と引き離された不安がきっかけで、吃音(どもり)を発症。
・父や叔母が無理矢理治そうと厳しくされる。
・戸惑い、怯え、プレッシャーにより症状が悪化。
・幼い心を閉ざしていく。
・小学校入学。イジメの対象となってしまう。
・純粋で公平な心をもつ一人の男の子により救われ、淡い恋を知る。
・男の子の苦しみ、悩みを初めて知る。
・もがきながらも、教師という道を選ぶ。

吃音と真正面から向き合い、出会い、克服、思いやりと
実話を元にした一人の少女の青春物語。
吃音で悩んでいる方だけでなく、子育て中の方、10代の方に
人が生きていくのに大切な何かを気付かせてくれる感動的なお話です。

吃音センセイ -桜舞う校庭で

情報整理中

・吃音センセイ桜舞う校庭で佐藤文昭・著(講談社) この小説は、実話を元にした物語となっていて、幼い頃に吃音を発症した少女が、辛いいじめにあいながらも、人との出会いを通じて力強く成長し、国語の教師となっていく青春ストーリーとして描かれ ...



・先生なのに吃音でうまくしゃべれない。あんまりじょうずにしゃべれません。 でも、本気でしゃべります。先生がしゃべるのは本気のことだけです。だから。皆さんも本気で聞いてください。



・すぐにインターネットでどもりについて調べ、どもりは吃音ということを知り、その改善方法がないこともわかりました。たまたま見たブログに井坂先生を推薦するものがあり、ホームページを読ませていただきすぐに購入しました。



・多くの方に吃音の実際を知っていただこうと、昨年度専門家を招いて公開講座スタート吃音を学ぼう 全3回を開催しました。講座には、当事者、ことばの教室の先生など教育関係者、言語聴覚士養成校学生、お子さんに吃音がある.



・教材について、レビューしています。吃音・どもり克服プログラムの公式サイトはこちらから. この教材は、各々の原因に沿ったトレーニング方法が分かりますので、その中から自分に合ったものを.



・どもり克服では、井坂京子さんの吃音矯正マニュアルが一番、有名かもしれませんね。井坂京子さんは、国語の先生をしている人です。以前は、井坂京子さん自身、吃音障害があり悩んでいたそうです。ある方法で吃音を克服、その体験を元に吃音矯正マニュアル ...



・吃音で悩まされた経験のある人ですから、コチラの質問・相談には親身になって答えてくれます。本当に効果があるのか不安に感じている方でも. チャレンジしてみる価値はあると思います。



・子供の吃音. 今日は、昨日ほどではなかったけれど朝肌寒い感じでした。 下の娘は、今日も慣らし保育で半日でした。 朝、預けるときはピィピィ泣いていたけれどお外で遊びだしたら、泣かずにいたそうです。良かった。 姉の方は保育所でも作成物なども色々ある ... 先生からも休まないでぇオーラが出てる気が… それにしてもずいぶん大きく成長したなぁって感じます。 年少さんから通い始めた保育園。 入所したときは、言葉もつがちゅだったりしたよなぁ それが、今では上手に発音できるようになったし...



・み続けた重度のどもり吃音(きつおん)が、 一日たった9分のトレーニングするだけで 35日で改善できる本格的なトレーニング法があります。 吃音者の井坂京子先生の実体験を基にしたプログラムなので、安心です。 私の息子の改善体験.



・こんなときは、先生にきいてみよう 吃音症(きつおんしょう、英:Stammering symptom)は、発語時に言葉が連続して発せられたり、瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの言葉が円滑に話せない疾病。言語障害の一種のような症状を示す病気である。



・現在、私は大学院生をやっていますが幼稚園の頃から吃音に悩んできました。 もうかれこれ20年近くになります。 小学生の頃など自分の名前が呼ばれたらはいというだけなのに、はという言葉が出てこなく無言になってしまい先生から注意された.



・緊張するような場面ほど、自身の吃音に意識が向き(相手には意識が向かず)、 発言を避ける、もしくは吃音を意識したまま発言をしてどもり、 自己嫌悪に陥ることがこれまでよくありました。



・心療内科の先生から、指摘されるのですが、私、普段でも肩が上がっているんだとか。 肩が上がるということは、肩に力が入っていて、それは、いつも、多少の緊張状態が続いているんだとか。 その状態で、緊張の場面に遭遇すると、ますます緊張状態になる.




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。