So-net無料ブログ作成

小説 吃音センセイ -桜舞う校庭で



この小説は、吃音という障害を抱え、辛いいじめにあいながらも、強く生き抜き、教師となっていった井坂京子さんの実話を元にした心温まる物語です。

ポイント
・4歳の頃、母が生死を彷徨う大病を患い、母と引き離された不安がきっかけで、吃音(どもり)を発症。
・父や叔母が無理矢理治そうと厳しくされる。
・戸惑い、怯え、プレッシャーにより症状が悪化。
・幼い心を閉ざしていく。
・小学校入学。イジメの対象となってしまう。
・純粋で公平な心をもつ一人の男の子により救われ、淡い恋を知る。
・男の子の苦しみ、悩みを初めて知る。
・もがきながらも、教師という道を選ぶ。

吃音と真正面から向き合い、出会い、克服、思いやりと
実話を元にした一人の少女の青春物語。
吃音で悩んでいる方だけでなく、子育て中の方、10代の方に
人が生きていくのに大切な何かを気付かせてくれる感動的なお話です。

吃音センセイ -桜舞う校庭で

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。